芸能情報

主に芸能界で起こった話題になったことや面白いことなどまとめています。

    カテゴリ: タレント



    101 名無しさん@恐縮です :2019/04/16(火) 08:44:33.21 ID:qDii2UYg0.net

    >>72
    よしおを知ってる子供が今度は大人になって一緒に仕事をしたいとオファーするんだよ
    他のお兄さんと違ってよしおはキャリアが桁違いに長いのも強み


    【【テレビ】体操の“よしお兄さん”小林よしひさ 一般女性と結婚していた!「さんま御殿」で告白 2】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/04/16(火) 06:37:28.42 ID:NlHFjEkk9.net

     NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」で「第11代体操のお兄さん」を務めた小林よしひさ(37)が一般人女性と結婚していたことが15日、分かった。民放初出演する16日放送の日本テレビ「超特大さんま御殿!!坂上忍ヒロミ女子アナ 豪華芸能人が満開SP」(後7・00)で自身の口から報告する。  

     小林は「おかあさんといっしょ」で2005年4月から今年3月まで歴代最長となる14年間体操のお兄さんを務め“よしお兄さん”の愛称でお茶の間に親しまれてきた。

     よしお兄さんの登場に、子供を持つママさんタレントたちは大興奮。SHELLY(34)は「ホントに素敵なんですよ!」と熱弁が止まらず、小倉優子(35)は「なんで『さんま御殿』を選んだのか」と本気で心配。司会の明石家さんま(63)が「結婚は?」と尋ねると、小林は「隠してなかったんですけど、結婚してます」と答え、女性陣が仰天する。

     発表がこのタイミングになったことについて、関係者は「これまでプライベートを自ら発言する機会がなかったから」としている。よしお兄さんの初プライベートトークが注目される。


    2019年04月16日 06:00芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/16/kiji/20190415s00041000248000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【テレビ】体操の“よしお兄さん”小林よしひさ 一般女性と結婚していた!「さんま御殿」で告白 1】の続きを読む



    1 名無し募集中。。。 :2019/02/19(火) 14:01:31.53 0.net

    あの時はまだハロオタじゃなかった


    【里田まいがクイズヘキサゴン出てたの凄くね?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/07(木) 08:28:54.72 ID:PGr/fmPY9.net

    2月5日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)にモデルのゆきぽよが出演。同番組でみやぞん(ANZEN漫才)にガチ告白した後の進展について明*場面があった。


    ゆきぽよは昨年末、共演したみやぞんに「本当に結婚したいんです」とガチ告白。その後の成り行きを聞かれ、前回の収録後にみやぞんと連絡先を交換したことを満面の笑顔で報告した。

    その後、みやぞんが海外ロケで忙しく一緒に食事をする時間を作れなかったが、「来月に丸山桂里奈さんがセッティングしてくれてご飯に行きましょうってなってる」とゆきぽよ。
    丸山が仲を取り持つ形でセッティングしたその食事会には、なぜか小峠英二(バイきんぐ)も参加予定だという。

    2人きりのデートには至らなかったが、ゆきぽよとみやぞんの関係はゆっくりと進展しつつある様子。ゆきぽよは終始笑顔でみやぞんについてのトークを続けていた。

    放送終了後のSNS上には「みやぞん、ゆきぽよ、丸山桂里奈、小峠の食事会か…カオスw」
    「その気があったらみやぞんもグイグイいくと思うけどなあ」「みやぞんは仕事に夢中で恋愛に目が向いてないかもね」などといったコメントが投稿されていた。

    次回の「踊る!さんま御殿!!」は2月19日(火)放送予定。(ザテレビジョン)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00178466-the_tv-ent
    7(木) 6:30配信


    【【芸能】みやぞんにガチ告白したゆきぽよ、その後の進展】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2019/03/05(火) 13:22:44.61 ID:mjstHZvY0.net

    好きなのを持って行きなさい


    【オーキド「ここに藤田ニコル、みちょぱ、ゆきぽよがおるやろ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ